ふくらはぎの血流を改善して、足の不快感解消へ!

2018.07.19

女性 足 痛い

ふくらはぎは“第二の心臓”とも呼ばれており、足の血液を心臓へと戻すのに重要な役割をしています。

そのため、ふくらはぎの筋ポンプ機能の低下は、血液の停滞を引き起こし、むくみやだるさ、不調などの原因となります。

ふくらはぎの血流を改善することにより、それらの症状を撃退しましょう。

足の血流の仕組み

ポンプ
足の血流の仕組みを解説します。

血液循環について

血液の循環は、肺循環と体循環に分けられ、全身に血液を供給する回路は体循環と呼ばれます。

体循環は、心臓(左心室)→大動脈→動脈→細動脈→毛細血管→細静脈→静脈→大静脈→心臓(右心室)という経路となっており、血液が全身を一周するのにかかる時間は約20秒といわれています。

心臓から出た血液は、動脈を通って全身の細胞へと酸素や栄養分を届け、二酸化炭素や老廃物を回収して、心臓へと戻ります。

静脈の仕組み

絶え間なく全身を流れている血液ですが、静脈の血液は重力に逆らって流れています。

そのため、静脈には弁がついており、血液の逆流を防いでスムーズな循環を促す構造となっています。特に、心臓から離れている足は強い力で血液を押しあげる必要があり、逆流防止弁の他にも、ふくらはぎの筋肉によるポンプ作用により血流を維持しています。

血行不良により生じる症状とは?

疲労 女性
血液は全身への酸素・栄養素の供給、二酸化炭素・老廃物の回収を行っており、私たちが健康に生きていくためにはスムーズな血液循環が欠かせません。

そのため、なんらかの理由により血行が悪くなると、様々な症状が発現します。

血行不良によりあらわれる可能性のある症状の一例

  • 足の症状:重苦しさ、だるさ、疲れ、むくみ、痛み、足先の冷えなど
  • 体の不調:冷え、肩や首のこり、むくみ、頭痛、腰痛、関節痛、月経痛、便秘、下痢、倦怠感など
  • 美容面:肌荒れ、くすみ、くま、セルライトなど

症状が出やすい人とは?

デスクワーク
特にふくらはぎは、重力によって血液の滞留が起こりやすく、むくみや足のだるさなどの症状が出やすくなります。

加齢、運動不足、長時間の立ち仕事または座り仕事に従事している方や女性では、筋ポンプ機能が弱まるため症状が発現しやすいといわれています。

また、冷えや肥満も要因の一つであり、血行不良から不調が生じやすくなります。

足は、全身の中でも血流量の多いところであり、足の血行不良は全身の健康状態の悪化にもつながります。

血行が悪くなる要因とは

  • 筋力不足
  • 筋ポンプ作用の低下から、血液が滞留しやすくなり、むくみ等の症状が出やすくなります。また、血液が留まることにより静脈に負担がかかるため、下肢静脈瘤の発症リスクとなります。高齢者や女性、運動不足の方は筋力が弱く、症状が出やすい傾向にあります。

  • 立ち仕事やデスクワークで長時間同じ姿勢を続けている
  • 同じ体勢を続けていると、筋ポンプ機能がうまく機能しないため、足に血液が滞留しやすくなります。朝方よりも夕方に症状が発現・悪化しやすくなります。

  • 冷え
  • 室温が低い所に長時間いたり、薄着、飲食などにより体が冷えると血の巡りが悪くなります。

  • ストレス
  • ストレスがかかると、血管が収縮し、血流が悪くなります。

  • 衣類
  • 体を締め付ける服を着ることにより、血行が悪くなる場合があります。

そのほか、肥満や便秘、生活習慣病など様々な要因により、血行不良が生じる可能性があります。

ふくらはぎの状態をチェックしてみましょう

ふくらはぎ
足のだるさや重さによっても不調を察知できますが、実際に触ることで、把握できることもあります。

自身の足の状態をチェックしてみましょう。

理想的なふくらはぎとは?

  • 冷たさがなく、温かい
  • 脱力時には柔らかく、弾力がある
  • 肌にハリがある
  • コリコリしたしこりがない、痛みがない
  • 指で押しても痕が残らない

これらの項目に当てはまらない場合には、血流が悪くなっている可能性もありますので、生活習慣の見直しやマッサージなどの対処が必要です。

血行を良くする方法とは?

マッサージ 足
ふくらはぎの血行を改善することで、むくみや倦怠感などの足の不調を解消しましょう。

また、足の血行を良くすることで、全身の健康状態改善にもつながります。

詳しい解消法については「マッサージやツボ押しでふくらはぎの血行改善!」を参照してください。

  • マッサージやツボ押し
  • ふくらはぎをマッサージすることにより、足に滞った血液を流して、スムーズな血液循環を促します。また、ふくらはぎにはむくみや冷え性などに効果的といわれるツボがあり、押すことで症状改善、基礎代謝アップが期待できます。

  • 運動
  • 適度な運動は血行を良くする効果や筋ポンプ力の向上が期待できます。

  • 入浴
  • 湯船に浸かり温まることにより、全身の血行が促進されます。入浴中のマッサージも効果的です。

  • 生活習慣の見直し
  • 食生活や運動習慣、職場環境などを見直して、血液の滞りにくい体作りを目指しましょう。長時間の立ち仕事やデスクワークは、血液停滞の原因になりますので、こまめにマッサージやストレッチを行い、スムーズな血液循環を促しましょう。

    弾性ストッキングの使用も効果的です。

ふくらはぎの血流を改善 まとめ

足は血液が滞りやすく、症状の出やすい部位です。

しかし、日頃から血流改善に取り組むことで、足の疲れやだるさ、むくみなどを予防・解消することができます。

夕方になると足の不快感が出るのは仕方がないと諦めず、日常生活に一工夫をして症状を撃退しましょう。